シトリン

ご本人も覚えていないかなり昔の黄水晶の指輪でした。   シトリンの色が濃い色あいでしたのでペンダントに作り変えたところ、どんな洋服にもよく合うようになり、大変重宝しているそうです。

ゴツイ立て爪

1ctのダイヤモンド立爪リングは爪の部分の背が高く、普段には使いにくいですね。 幅を少しもたせた、爪4点留めで高さがない普段にも使いやすい高級カジュアルな指輪にしました。

ガタガタマリッジ

それぞれのご両親からもらった変形した使い古した昔のマリッジリングを新しく自分たちで使いたいとの相談でした。 湾曲を直し、ピカピカに新品仕上げしました。新品としか見えません。  

パール残り

パールのチョーカ-ネックレスが少し長く、そこから外したパール玉が3つ残ってたのでそれを何とかならないか、という相談でした。 K18ピンクゴールドのピアスとスルー式のペンダントセットに作り変えました。

ピアス指輪合体

3ctのダイヤモンド指輪とそれぞれ1ctのピアスでした。(ダイヤを外した後の枠だけの画像です) センターが3ctのダイヤにもかかわらず、シンプルで高級、使いやすいゴージャス版指輪が完成しました。

マリッジ石欠け

長年使っているうちに爪が削れ埋め込みのダイヤが落ちてしまったマッリジリング。 ダイヤを留める爪を新しく周りの地金から起こし、エクセレントカットのダイヤを入れて修理。元どおりに。